アクティビティベースドワーキングに対するCOVID-19の影響

 In Covid 19, カテゴリーなし

COVID-19がアクティビティベースドワーキングに与える影響は何でしょうか?

現在パンデミックに対しての懸念がある中ではありますが、APACの組織は仕事への復帰を計画しています。その中で仕事を行う方法、当面および中長期の将来において、どの程度安全にスペースを共有できるかであったり、もう少し幅広い質問がオフィスの目的を考えたときの質問として挙がります。
この記事では、お客様、パートナー、デザイナー、共同編集者から寄せられるよくある質問の上位7つについて説明します。私たちの見解と回答を共有することで、読者の皆様が将来の仕事の在り方について組織内で会話を始め、従業員や企業をサポートし、より大きなコミュニティが繁栄できるようにどのような選択を行う必要があるかを理解して頂ければ幸いです。
以下の個々の質問と回答へのクイックアクセス をお楽しみください。それ以外の場合は、右側の画像をクリックして、記事全体とQ + Aを一緒に確認してみてください。私たちからのサポートはここからアクセス頂けます。

よくある質問トップ7

Q1. アクティビティベースドワーキングは、過去数年にわたって進化し、多くの国で組織の目標と目的達成をサポートしてきましたね。ですが一部の人々は、アクティビティベースドワーキングはもう終わっていると言います。そうだと思いますか、それともCOVID-19によってアクティビティベースドワーキングが再定義されていると思いますか?
アクティビティベースドワーキングは、正しく実施されると、スタッフが時間と場所に依存しない方法で仕事を出来るようになり、変化する状況にすばやく適応できる、ひいては適応性が高く機敏な労働力を組織に提供することとなります。これにより、組織はCovid-19の影響などの激動する環境に対して非常に高い回復力を持つことが可能になります。
Q2. アクティビティベースドワーキングが非常に関連性が高く、その定義にはリモートワークも含まれている中で、なぜ私たちの一部は自宅で仕事をする事に苦労しているのでしょうか。
長時間のリモートワークには、その場限りの事例として扱うよりも高いレベルの組織的サポートが必要です。 Covid-19から受ける影響は、多くの人々が状況によって「ニューノーマル」にすばやく順応することを強要とされるという点で独特です。うまく適応する傾向のある組織は、次の分野で成熟していると言えます。
  • チームでの合意が取れている
  • 選択の柔軟性がある
  • 仕事の価値を測定出来る
  • エンパワーメントと信頼下でのリーダーシップ文化 がある
  • 仕事の活動をサポートする為、少なくとも少しは従業員の家庭環境の整備が行われている
Q3. デザインと技術の力を借りて、企業はどのように適応し、以前よりも強固な組織に出来るでしょうか?
スタッフがどんな経験を求めてオフィスに来るのか、オフィスにいる間にどのような活動を行うのかを理解し、組織はそれに応じて構築環境を設計する必要があります。特に非対称のリアルタイムの仕事と非同期の問題解決と意思決定の分野で、チーム接続と問題解決のためのより良いバーチャル体験を提供する新しいプラットフォームも必要にもなるでしょう。デザインと技術の成功の中心は文化がカギとなります。文化への投資とそれに対して焦点が定まっていなければ、設計と技術の結果は制限されてしまうでしょう。
Q4. アクティビティベースドワーキングを支えるように設計された職場では、社会的距離(または物理的距離)はどのように働くでしょうか?
アクティビティベースドワーキングは、適応可能な労働力と適応可能な環境構築を提供します。これは、地方自治体から求められる要件を満たすために、オフィススペースを簡単に拡大および縮小できることを意味します。解決策は、オフィススペースを共有すること自体を排除することではなく、オフィスで安全で衛生的な仕事環境を提供するプロセス、慣行、およびポリシーを強化することです。
Q5. オフィススペースの役割は何であり、これらは不動産の専​​門家が下す決定にどのように影響するでしょうか?
組織の将来のワークスタイルは、従業員が実行するタスクをサポートする最適な場所を選択できる「ブレンド型」の仕事の選択肢を提供することです。セントラルオフィスの場所は、組織の戦略的および文化的に設定された特定の目的を持つブレンド型が仕事の選択肢の1つとなります。
Q6. 従業員が自宅やオフィス以外の場所で仕事をする事を支えるために、企業は何を検討する必要があるでしょうか?
組織が独自のブレンド型のワークスタイルを選択すると、チームが信頼、明快さ、包括性を育むように、適切な物理的空間、テクノロジー、文化的条件を提供するための準備が整います。
Q7. これらすべての変化により、オフィスのない世界に向かっていると思いますか?
いいえ。オフィスの目的を再考する必要があり、ほとんどの組織は、よりブレンドされた職場モデル(在宅勤務、オフィス、「サード」スペース)への移行を望んでいます。

Veldhoen + Company support

私たちの野心は常に、チームがつながり、個人が繁栄し、組織が繁栄することを奨励する、新しい活動内容に合わせた働き方を共同で作成することでした。活動基準のアプローチは今最大に価値のあるものとなっています。この記事を通じて組織をサポートする方法をお読みになり、詳細をもっと知りたい場合はご連絡ください。

より良い仕事の世界を作るために力を貸してください。是非私たちに質問をして頂ければ幸いです。

会話に参加するか質問を投げてください。あなたのご意見を伺えれば幸いです。
Recent Posts

Start typing and press Enter to search

Insights to Create a New Vision on the WorkplaceOffice Reinvented for a Future Workforce