アクティビティ・ベースド・ワーキング とは

社会の目まぐるしい急速な変化に、私たちの意識や考えはなかなか追いついていません。

アクティビティ・ベースド・ワーキング (ABW) は、組織に対して、働き方がビジョンや目標の達成にどのように影響するかを再考する大きなきっかけを与えてくれます。ABWの導入には社員が多種多様な活動を行なっていることを理解し、その活動を最大限サポートするための適切なテクノロジーと企業文化に基づく多様な作業環境が必要になります。この原則に基づいて働く環境をデザインすることで、ABWは、個人やチームの物理的環境および仮想的環境に対するあらゆるニーズを満たしてくれる快適なスペースを生み出します。さらに重要なことは、ABWの重点はメンバー同士のつながりや、インスピレーション、責任感、そして信頼といったカルチャーを創出することであり、これにより個人、チーム、および企業全体の潜在能力をさらに発揮できるようになります。言い換えれば、ABWは、仕事を「いなくてはならない場所」ではなく、「力を与えてくれること」へと変えてくれます。

個人レベルでは、ABWは個人それぞれのニーズにあった方法で仕事の生産性を高めながら、楽しんで仕事に取り組むことを可能にします。個人の集中作業や、個人またはチームでのアイデアの展開、共同作業または知識の共有など、それぞれの活動に最適な環境を作ることで、アクティビティ・ベースド・ワーキングは最高のアウトプットに到達するためにどのように働くかを自らが決めるという選択の自由を個人に与えるのです。

仕事のあり方がどのように変化したか、そしてその変化とともに私たちがどう変わっていかなければいけないかについて、アクティビティ・ベースド・ワーキングを分かりやすく紹介したショートビデオをご覧ください。

このビデオでは、アクティビティ・ベースド・ワーキングを簡単に要約しています。仕事の仕方がどのように変化し、今後どのように変わっていくか、また私自身はどのように変わっていかなければいけないかをいきいきと表現しています。

(ナレーションは英語のみとなります。字幕を表示の上、日本語に自動翻訳してご覧ください。)

Start typing and press Enter to search