分散型ワークのベストプラクティスを紹介

 In Covid 19, カテゴリーなし

分散型ワークのベストプラクティスを紹介

考慮すべき6つの主要分野とベストプラクティスの包括的ガイド

Veldhoen + Companyはよりよい仕事のあり方を創ることに情熱を注いでいます。 私たちの大志の本質は、新しいアクティビティベースドの働き方や考え方、特にどこでどのように仕事をするかという自律性を提供するとともに、チームがつながり、個人が活躍し、組織が繁栄することを促すものをクライアントと共同で創造することにあります。私たちは、組織が行動的、物理的、テクノロジー的な環境を通して働き方を変革し、生産性を高めることを支援いたします。

COVID-19はこれらの環境を破壊しました。このパンデミックは、固定的なものから柔軟なものへ、予測可能なものから創発するものへ、そして単純なものから複雑なものへと、世界的な移行を加速させました。今やすべての産業が、これまでの働き方がアフターコロナの環境でも通用するか疑問視しています。情勢が見えない状態が続く中、1つ確かなのは、リモートワークはこれからも続くということです。しかし、それ以上に確かなことは、ワークスタイルの変革は、もはや先進的・意欲的な組織だけのものではなく、すべての組織にとって不可欠なものであるということです。世界の変化を受け入れ、分散型の働き方を採用した組織は、予想される継続的な混乱への対応力を高め、生き残りと繁栄のためのより良い体制を整えることができるでしょう。

この「働き方改革ベストプラクティス」のペーパーでは、分散型ワークスタイルに着手する際に考慮すべき6つの主要分野について取り上げています。それぞれの分野には、世界中のさまざまな業界の組織から集められた指針やベストプラクティスが掲載されており、分散型ワークスタイルを推進する際に役立つはずです。私たちと一緒に、より良い仕事のあり方を創造していきましょう。

ベストプラクティス・ペーパーをダウンロードしていただくと、お住まいの地域のコンサルタントとの30分間の無料ミーティングをご利用いただけます。

お気軽にご相談ください。

ベストプラクティス・ペーパーをダウンロードする

ダウンロードするには、下記の情報を記入してください。



Recent Posts

Start typing and press Enter to search

Insights to Create a New Vision on the Workplace