働き方を再考する

Activity Based Working

アクティビティ・ベースド・ワーキングとは

アクティビティ・ベースド・ワーキング(ABW)のアプローチでは、人々は日々の仕事の中でさまざまな活動を行っており、これらの活動を効果的に行うためには、適切なテクノロジー文化に支えられた多種多様な作業環境が必要であると考えています。

この原則に基づいた仕事環境を構築することで、ABWは個人やチームの物理的・仮想的なニーズに応えるために特別に設計されたスペースを生み出します。そして何よりも重要なのは、ABWが重視する「つながり」「インスピレーション」「責任感」「信頼」のある文化の創造は、個人、チーム、そして組織が潜在的な能力を発揮するための力となります。言い換えれば、ABWは仕事を「いなくてはならない場所」ではなく、「やる気にさせるもの」に変えるのです。

文化、物理的な空間、テクノロジー

Veldhoen + Companyは、包括的なアプローチで新しい働き方を構築します。それは何を意味するのでしょうか?

私たちは、文化、テクノロジー、そして物理的な空間はすべて密接に結びついていると考えています。包括的なワークプレイス戦略は相互に依存する3つの要素から成り立っています。

–  建物環境 (the ‘bricks’)
–  デジタルプラットフォーム (the ‘bytes’)
–  行動的な働き方 (the ‘behaviours’)

これらはすべてワークプレイス変革を成功させるために重要な要素ですが、均等に重視されていないことがよくあります。ハイブリッド型のワークプレイス変革において、建物環境はもはや従業員にとって仕事の意味や組織への帰属意識の主要な源ではありません。そのため、成功を収めるためには「行動ありき」のアプローチが必要となります。

Start typing and press Enter to search